これを摂る、これは控える PMSを緩和したい人の摂取ナビ

PMSを緩和したい人の摂取ナビ » PMSを緩和するために摂取したい栄養成分 » ブラックコホシュ

ブラックコホシュ

ブラックコホシュ

女性ホルモンのバランス整えるとされるブラックコホシュ。今回はあまり聞きなれないブラックコホシュと、その成分、副作用などについて解説します。

ブラックコホシュについて

ブラックコホシュは北アメリカが原産のキンポウゲ科の植物。

猫じゃらしのように長細い形状で白い花を咲かせ良い香りを漂わせます。古くから先住民の医療にて用いられた植物であり、19世紀のアメリカでは極一般的な家庭薬として知られていました。

女性ホルモンのエストロゲンと似た植物性エストロゲンを含み、女性特有の疾患に特に有効的に働きます。現在ではホットフラッシュなどの更年期障害の症状や月経不順やPMSなどの改善として使用されています。

ブラックコホシュの主成分

ブラックコホシュの主成分はイソフラボン、トリテルペン配糖体、タンニンなど。これらの成分には以下のような特徴があります。

イソフラボン

大豆に含まれるポリフェノールの一種で、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします。女性ホルモンのバランスを整えてPMSの症状を緩和します。

トリテルペン配糖体

牛樟芝から抽出されるエキスで、アレルギーの予防、抗酸化作用などがあります。

タンニン

柿や緑茶に含まれるポリフェノールの一種で、抗酸化作用や腸内環境を整える作用などがあります。

PMSへの効果について

ブラックコホシュは不足しているエストロゲンを補い、PMSの緩和に役立ちます。

PMSの原因は様々な要因がありますが、ブラックコホシュによってバランスを整えることでも緩和されます。

アダプトゲン作用で女性ホルモンを調整

ブラックコホシュの特性として、ホルモンの調整をするアダプトゲン作用があります。この作用は、エストロゲンが不足している時には補完し、過剰分泌時は抑制する調整します。

そのため、継続的に摂取していればエストロゲンを安定させ、次第にPMSの症状軽減のサポートとなります。

ブラックコホシュの副作用

ブラックコホシュは適切な摂取であれば安全な成分ですが、胃の不快感や頭痛、発疹などの副作用あります。また、アメリカでは肝疾患の症状を発症した例もあり、肝臓に及ぼす影響について懸念されています。

医薬品との相互作用のリスクはほぼありませんが担当医師に事前に相談しましょう。なお、妊娠、授乳中の場合は摂取してはいけません。

ブラックコホシュの1日の摂取量

ブラックコホシュの1日の摂取量は40〜200mgです。過剰摂取で激しい頭痛や吐き気、発汗、視覚障害などがあるので注意が必要です。

ブラックコホシュの特徴や効果についてご紹介しました。毎月生理の前になると憂鬱な日々を過ごす人は女性ホルモンのバランスを整えることが第一歩。

体の中からじっくり改善するにはPMSに効果のあるブラックコホシュが配合されたサプリがオススメです。

こちらではおすすめのPMSサプリを紹介しています。PMSサプリを試してみたいという方は参考にしてみてください。

体への負担や影響が少なく、女性の体に嬉しいサプリ3選を見る

PMSサプリの選び方