これを摂る、これは控える PMSを緩和したい人の摂取ナビ

PMSを緩和したい人の摂取ナビ » PMSを緩和するために摂取したい栄養成分 » αリノレン酸

αリノレン酸

美容と健康に悪化せない「αリノレン酸」

健康を意識する人に今もっとも注目されているのが「オメガ3脂肪酸」です。
血液をサラサラにする効果や、認知症を予防剃る効果など、体にさまざまなよい影響があるといわれていますが、そのオメガ3はいろいろな栄養素の総称。
オメガ3は人間の体に欠かせない栄養素でありながら、体内で生成することができないものでもあります。
αリノレン酸は、オメガ3の中のひとつです。

αリノレン酸にはどんな効果があるの?

αリノレン酸には実にたくさんの効果が期待できます。
よく知られるのが、中性脂肪を下げる効果で、メタボ気味の人に対するダイエット効果が期待できます。
ダイエット効果については、αリノレン酸は摂取すると体内で「EPA」や「DHA」という成分に変わり、血液中の中性脂肪を抑制してくれるのだそう。
悪玉コレステロールを抑える働きもあるそうですので、メタボやメタボ予備軍の方には欠かせない栄養素だといえそうです。

そのほか、高血圧や動脈硬化、心筋梗塞など、生活習慣病といわれる病気を予防する働きや、がんや脳卒中といった重病を防ぐ効果も期待できるとされています。
高齢者が発症する疾患としてもっとも多いのが生活習慣病だといわれていますので、αリノレン酸を摂取することで予防できるのであれば、ぜひ取り入れたいところ。
そのほか、アレルギーを抑える効果もあり、アトピーや喘息などの症状を緩和する効果も期待できるといわれており、本当に健康づくりに欠かせない成分だということがわかります。
オメガ3の必須脂肪酸が血液をサラサラにするという話はずいぶん前から広く知られていますので、意識的に摂取しているという人も多いかもしれません。

αリノレン酸はPMSにも効果あり!?

αリノレン酸は、前述した効能以外にも、生理痛や更年期障害に伴う体調不良の緩和や、PMSの緩和にも効果があるといわれています。
これは、αリノレン酸が体に起こっている炎症や痛みを抑える働きに優れていることによるものです。
例えば生理痛の場合、子宮が収縮すること、または子宮内膜がはがれ落ちるときなどに痛みが生じるのですが、「プロスタグランジン」というホルモンの分泌が増えることがひとつの原因となります。
αリノレン酸は、プロスタグランジンの分泌を抑える働きがあるため、摂取することで生理痛が和らぐのだそうです。

PMSにおいても、頭痛や腹痛、腰痛などの症状においても、炎症を抑える効果が期待できることから症状の緩和につながります。
また、PMSによって起こる肌の炎症、生理前のニキビや肌荒れを予防、改善する効果が期待できるそうですので、日常的にαリノレン酸を摂取することで、これらの症状を抑えることができるかもしれません。

αリノレン酸が多く含まれる食品

「脂肪酸」というだけあり、αリノレン酸はオイルに多く含まれます。
もっとも多く含まれるのは「エゴマ油」で、100gあたり58,000mgのαリノレン酸が含まれます。
2位がアマニ油で、同じく100gあたり57,000mg。3位がアマニそのもの、4位がエゴマそのもの、5位がくるみ、6位がナタネ油と続きます。
オイル以外では、大豆やそら豆といった豆類にも多く含まれています。

こうして見てみると、αリノレン酸は植物油に多く含まれるような印象がありますが、すべての植物油に含まれているわけではなく、ごま油やコーン油には含まれていないのだそうです。
αリノレン酸の摂取を目的としてオイルを摂る場合には、オイルの種類に注意して選ぶ必要があります。

αリノレン酸の副作用

αリノレン酸は、その栄養成分そのものを摂ることで起こる副作用はありません。
ただ、食品から摂取する場合、前述したようにオイルに多く含まれる成分になりますので、たくさん摂ることでカロリー摂取過多となり、太ってしまう可能性があります。
ダイエット効果も期待できるαリノレン酸ですが、オイルそのものにダイエットは期待できないので、摂取量には十分注意しなければなりません。
また、一部の見解では血糖値が高い人や、前立腺がんの疑いがある(もしくは前立腺がんにかかっている)人は、αリノレン酸の摂取を控えたほうがよいという意見もあるようです。
摂取する際はこの点を踏まえた上で摂り入れるように気をつけましょう。

αリノレン酸は1日にどのくらい摂取するべき?

健康のため、またはPMSの緩和を目的とする場合、αリノレン酸は1日にどのくらい摂取すればよいのでしょうか。
PMS緩和に特化した数値ではありませんが、αリノレン酸の摂取による健康効果を得たい場合には、1日に2gほどの摂取が望ましいといわれています。
アマニ油などで摂取する場合、そこまで大量に摂取しなくても1日の必要量はクリアできますが、毎日オイルを摂取するとなるとダイエット的に抵抗があるという人もいるかもしれませんね。

ちなみに、過剰摂取についての副作用は前述しましたが、αリノレン酸が少なすぎる場合にも、体にさまざまな影響があるといわれています。
αリノレン酸は必須脂肪酸ですのでいろいろな影響があると思われますが、具体的には皮膚炎などが起こりやすくなるといわれていますので、気をつけたいところです。

αリノレン酸の摂取はサプリメントが効率的

αリノレン酸を摂取することにおける副作用の心配なく、そして効率よく摂取するには、やはりサプリメントが効率的です。
サプリメントであればオイルではないのでカロリーを摂りすぎてしまうことがありませんし、何よりも手軽に摂取できます。
αリノレン酸のサプリメントはいろいろと販売されているようですので、信頼して飲むことができる商品をチェックしてみるとよいと思います。

体への負担や影響が少なく、女性の体に嬉しいサプリ3選を見る

PMSサプリの選び方