これを摂る、これは控える PMSを緩和したい人の摂取ナビ

PMSを緩和したい人の摂取ナビ » PMSを緩和するために摂取したい栄養成分 » トリプトファン

トリプトファン

良質の睡眠をサポートする成分として知られるトリプトファン。昨今では、PMSの精神症状を緩和させる働きがあるとして注目されています。トリプトファンが持つPMSへの作用について詳しくまとめました。

トリプトファンとは?

トリプトファンとは、人間を構成しているアミノ酸の一種です。

人間の体には20種類のアミノ酸が必要とされていますが、これらのうち、体内で自然に生成されるアミノ酸を「非必須アミノ酸」、食事などから摂取しなければならないアミノ酸を「必須アミノ酸」と分類します。トリプトファンは、これらのうち「必須アミノ酸」に属する成分です。

トリプトファンには様々な働きがあることで知られていますが、それら働きの中でも特に重要なものが、脳内ホルモンのセロトニンの原材料になる、ということ。トリプトファンを摂取しなければ、脳内でセロトニンが生成されません。

セロトニンとは?

セロトニンとは、精神的安定・安心を維持させる働きを持つホルモン。我々人間は、脳内でセロトニンが分泌されることにより、安心したりリラックスしたりすることができます。逆に、何らかの要因によってセロトニンが脳内に不足すると、人は著しい不安・恐れなどを自覚すると言われています。

突如として死への恐怖などに襲われるパニック障害は、セロトニン不足が原因の一つ。現にパニック障害を生じている患者にセロトニンを投与すると、症状は改善に向かうことが知られています。

なお、うつ病の代表的な治療法の一つに運動療法がありますが、これは運動によってセロトニンが増産されることに由来した治療法です。

トリプトファンが持つPMSへの効果とは?

トリプトファンがPMS症状を改善させることは、広く知られています。その作用のメカニズムとしては、トリプトファンが直接的にPMSを改善させる訳ではないと考えるのが妥当。トリプトファンがセロトニンに変質してPMSを改善させる、と考えるべきでしょう。

上記の通り、セロトニンは人の精神にリラックス・安心をもたらすホルモン。よってセロトニンの材料であるトリプトファンを摂取した場合、PMSの一連の症状のうちイライラ、不安、無気力などの精神症状に何らかの改善作用を及ぼすことは、想像に難くありません。

臨床試験においても、トリプトファンはPMSの精神症状に改善をもたらすことが確認されています。

なお、同じメカニズムにより、更年期障害の精神症状にも改善作用が働くとする説もあります。

トリプトファンに副作用はあるの?

世の中の大半の成分と同様に、トリプトファンも過剰摂取することによる副作用の懸念はあります。現状で報告されている副作用、または懸念されている副作用の中には、重篤な症状をもたらすものもあるため、くれぐれもトリプトファンの過剰摂取(または他の成分との飲み合わせ)には注意するようにしてください。

セロトニン症候群

前述の通り、トリプトファンは体内でセロトニンに代謝されます。よって、副作用の報告は確認できないものの、セロトニン自体を過剰摂取した際に発症する「セロトニン症候群」のリスクがあることが懸念されているため、注意しなければなりません。

セロトニン症候群とは、セロトニン系の抗うつ剤治療薬を過剰摂取した際に発症する、極度の不安、発熱、震えなど。厚生労働省は、セロトニン症候群を「重篤副作用」に指定しています。

胎児における呼吸不全

妊婦が1,000mgのトリプトファンを摂取したことが原因で、胎児に呼吸不全が生じた懸念が報告されています。

肝性脳症

肝硬変の患者にアミノ酸を輸液する場合、トリプトファン等の副作用による肝性脳症の恐れがあることから、製剤の配合量を調整しています。

参考サイト・参考文献
※ PMS 渋谷文化村通りレディースクリニック「PMS(月経前症候群)」より
※ パニック障害 法橋心療内科「パニック障害」より
※ セロトニン症候群 厚生労働省「重篤副作用疾患別対応マニュアル セロトニン症候群」より

1日の摂取量の目安は?

PMSを緩和させる目的でトリプトファンを摂取する場合、体重1kgに対して2mgが目安とされています。体重50kgの女性であれば、1日に100mgを目安として摂取すれば良い、ということです。

なお、不眠症の改善を目的としてトリプトファンを摂る場合には、1日につき500~600mg、うつ症状の改善を目的とした場合には、1日につき1000~1500mgが摂取量の目安とされています。

体への負担や影響が少なく、女性の体に嬉しいサプリ3選を見る

PMSサプリの選び方