これを摂る、これは控える PMSを緩和したい人の摂取ナビ

PMSを緩和したい人の摂取ナビ » PMSを軽減・緩和する薬 » ハーブ

ハーブ

ここでは、PMSに良いハーブの特徴とメリット、デメリットを詳しくまとめました。

ハーブの働きと特徴とは

ハーブは、その効用を活かし、人のあらゆる不調に昔から利用されてきました。そのままを料理に使ったり、お茶にして飲んだり、様々な方法で親しまれています。

体や心の不調を緩和するために飲むハーブは、錠剤にして飲みやすく形状を変えたものもあれば、お茶として飲むタイプもあります。

もちろん、PMSなどの婦人科系の悩みを緩和するハーブもあります。最近では、チェストベリーが注目を集めています。その他のハーブを組みあわえて独自の配合でブレンドしてあるハーブ製品も人気です。

PMSに効くハーブはどんな効き目があるの?

PMSの症状は人それぞれ。むくみや冷え、頭痛など身体的に影響が出る方もいれば、イライラや悲しくなるなどの心理的に不安定になる人も多いです。色々あるハーブの中から、ぴったりの効能を選ぶ目が大事となってきます。

このサイトで紹介しているチェストベリーは、女性ホルモンのバランスを整えるという根本的な効能があるので、どの症状にも使いやすいでしょう。その他のハーブについての効能も下記をご覧ください。

PMSに効果のあるハーブ一覧

チェストベリー チェストベリーは女性ホルモンのバランスを整えて、PMSになりやすい方の体質を変えていきます。婦人系の疾患に作用するので、PMSのお薬やサプリメントに配合されることが多いハーブです。少し苦みがあるので、ハーブティーにする時ははちみつやレモンとブレンドして飲むのが一般的なようです。 ピルの効果を弱めてしまうため、飲み合わせには注意しましょう。
セントジョーンズワート セロトニンを増やし、憂うつな気分を緩和するのがセントジョーンズワートの作用。気持ちの落ち込みなど、心理的な症状に効いていきます。メンタル面で不調を感じているけれど、クリニックに行くほどではない…という方に愛飲されています。チェストベリーのようにピルや抗うつ剤と併用すると効果が薄れてしまうので注意しましょう。
ハイビスカス PMSの女性に足りないビタミンやミネラルを補えます。クエン酸とビタミンCがたっぷりと含まれているので、新陳代謝を良くして疲労物質を排出させます。PMS期にむくみがひどくなり、疲れを感じやすい方におすすめのハーブです。
リンデン 生理前にむくみやすいという方に。余分な水分を外に出す作用があります。また、リラックス作用があり、心と体のバランスを整えてくれるので、夜に寝付けなないという症状にも用いられることがあります。
カモミール さまざまな効能があり、「植物のお医者さん」と親しまれるハーブです。鎮静作用があるので、肩こりや頭痛などがあって緊張しやすい方や不眠気味の方、ストレスやイライラを強く感じてしまう方におすすめ。便秘にも効果があります。
ラズベリーリーフ 筋肉の働きに作用し、子宮や骨盤まわりを柔らかくリラックスさせる作用があります。PMSによるホルモンバランスの乱れで子宮が強く収縮し、下腹部に痛みを感じる場合に効果があるといわれています。
マルベリー マルベリーはいわゆる「桑(クワ)」のことです。腸に働きかけて便通をスムーズにしてきます。生理前に便秘になる方におすすめ。糖質の分解を抑える作用があるとされ、血糖値の急激な上昇を防いでくれます。また、マルベリーの葉には精神安定の作用があることも確認されています。
チャイニーズ・アンゼリカ 漢方では「当帰(とうき)」と呼ばれるハーブです。血流を改善する作用があります。また、婦人系のお悩みを改善するために広く用いられてきました。栄養価が高く、女性のための滋養強壮剤とも呼ばれ、特に体力がない方に処方されます。
レモンバーム その名の通り、レモンのような甘い香りを持つレモンバームは、高まった気持ちを落ち着かせ、暗い気持ちを明るくすると言われています。ストレスが原因の頭痛や腰痛を和らげるために用いられることもあります。
パッションフラワー 不安や緊張を静め、安眠をもたらすと言われています。天然の安定剤とも言われ、PMS時のイライラやヒステリーを緩和します。基本的にパッションフラワー単体で摂ることが推奨されています。 血圧を下げる作用が確認されているため、低血圧の方の摂取は特に気を付けなければなりません。
オレンジフラワー 精神を安定させる作用があるといわれ、イライラやストレスを和らげて安眠を促すハーブです。消化器系の作用向上のために用いられることもあり、胃痛にも効果があるといわれています。

ハーブのメリットとデメリット

ハーブは、自分にぴったりな種類を見つければ、有効なPMS対策になります。一方で、実は副作用が出る場合もあります。植物ですから、アレルギーのある方などは注意が必要です。ですから、ハーブのメリットもデメリットもしっかり把握しておくべきです。そして、摂取量を守ったり、ハーブの性質について調べてみたり、自分の体のためによく確認してみましょう。

メリット デメリット
・普段のお茶にしたり、錠剤を飲むだけで手軽にはじめられる
・女性特有の悩みに良いハーブがある
・飲み続けることで体質を変えることもできる
・古くから飲まれてきたハーブの歴史があり安心感がある
・種類によっては肝機能障害などの副作用が出る場合がある
・植物性のアレルギーのある方は飲めないハーブがある
・飲みすぎると効能が強すぎて体に負担があることもある
・種類が多く自分にぴったりのハーブを探すのが大変

【まとめ】PMSの方が注意しておきたいこと

美容や健康ブームでハーブは女性にとって身近になってきました。しかし、色々な効能があって、素人ではどれを選んでよいのか判断しづらいということも。飲み合わせによっては、体調が悪くなる場合もあります。例えば、チェストベリーとセントジョーンズワートの組み合わせはNGです。効能が強すぎてしまいます。ですので、最初からブレンドしてある製品を選んだり気を付けなければなりません。サプリメントの中にも、ハーブ配合の製品がありますよ。こちらのサイトで詳しく紹介していますのでぜひ読んでみてくださいね。

体への負担や影響が少なく、科学的実証結果もあるサプリはこれ

PMS緩和に摂取したい栄養成分