これを摂る、これは控える PMSを緩和したい人の摂取ナビ

PMSを緩和したい人の摂取ナビ » PMSを軽減・緩和する薬 » 低用量ピル

低用量ピル

ここでは、クリニックで処方される低用量ピルのPMSに良いメリットとデメリットを詳しくまとめました。

低用量ピルの働きと特徴とは

婦人科のクリニックで処方される低用量ピル。どんなお薬なのかを説明します。ピル=避妊だけではありません。もちろん、妊娠を希望されない方に処方されるお薬ですが、その作用を利用して、婦人科系の病気に悩む女性に使われています。

どんな症状の人に処方されるの?

例えば、生理不順や生理痛がひどい方。子宮内膜症の病気など。生理が原因となる様々な不調に低量用ピルは作用します。PMSは、生理サイクルのホルモンバランスの変化で症状がでます。ですから、クリニックに相談に行くと、低用量ピルを飲むことをすすめられるかもしれません。

体の中でどんな働きをするの?

簡単に言うと、低用量ピルは生理そのものを止めてしまう作用があります。ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンというふたつの女性ホルモンが入っています。これを飲み続けると脳がホルモンは足りているという判断をして、排卵をストップさせます。これにより、生理サイクルを止めて、負担のかかっていた体を休めるという治療となるのです。

低用量ピルのメリットとデメリット

クリニックでしか処方してもらえない強いお薬ですからメリットもあればデメリットもあります。低用量ピルが気になっているなら表をよく見て判断してくださいね。

メリット デメリット
・生理がストップしたことでPMSのつらい症状がなくなる
・生理を気にせず生活できる
・生理による気持ちの変化が起きにくい
・錠剤を飲むだけでさほど手間はかからない
・副作用が心配(吐き気、頭痛、胸の張り、不正出血など)
・忙しい方は飲み忘れなどが心配
・体質によっては太る
・血栓症の心配がある方は飲めない
・飲んでいる間は妊娠できない

代表的な低用量ピル一覧

低用量ピル、といってもいくつかの種類があるということをご存じでしょうか。周期やホルモンの状態に合わせて飲み方が違うのです。こちらでは、PMS治療で処方される低用量ピルについて解説しています。

ピルは、開発された順番に「第1世代」「第2世代」「第3世代」「第4世代」の4つに分類されています。それぞれ黄体ホルモンの量や効果の現れ方が違うので、産婦人科医の診察のもと、あなたの体質に合った低用量ピルを服用することが大切です。

自己判断で服用すると思わぬ副作用に悩まされる可能性があるので、ピルは必ず病院で処方してもらいましょう。

第1世代 オーソM/オーソ777/シンフェーズ/ルナベル/フリウェル

第1世代のピルには、黄体ホルモン「ノルエステロン」の作用を高める卵胞ホルモンが多く含まれています。しかし、黄体ホルモンを増やしすぎると男性ホルモンが活性化し、ニキビが増えたり太りやすくなったりする「男性化症状(アンドロゲン作用)」が強く出てしまう可能性がありました。男性化症状を抑えるために卵胞ホルモンを増やしているのですが、その代わりに頭痛や吐き気といった卵胞ホルモンによる副作用は出やすくなっているというデメリットがあります。

第2世代 アンジュ/トリキュラー(ラベルフィーユ)

第2世代のピルには黄体ホルモン「レボノルゲステロル」が使われています。黄体ホルモンの量を抑えつつも第1世代より効き目が強く現れるのが特徴。「男性化症状」が出やすいというデメリットがありました。そこで、第2世代では段階的に黄体ホルモンの量を増やしていく3相性という方式に切り替えて、男性化症状のリスクを軽減させています。第2世代のピル、トリキュラーのジェネリック薬は「ラベルフィーユ」と呼ばれ、日本ではアンジュ・トリキュラー・ラベルフィーユのどれかを処方されることが多いようです。

第3世代 マーベロン/ファボワール錠

第3世代のピルには、「ゲストテン」あるいは「デゾゲストレル」と呼ばれる黄体ホルモンが入っています。第2世代の効き目を維持しながら、問題となった男性化症状をさらに抑えることに成功しました。しかし、血栓症のリスクは高まったのではないかという報告もあり、現在でも議論が続いています。

第4世代 ヤーズ/ヤスミン

第4世代のピルには、黄体ホルモンと近い働きをする「ドロスピレノン」という成分が使われています。第4世代は別名「超低用量ピル」。卵胞ホルモンの量をグッと抑えることに成功しているので、吐き気や頭痛などの副作用が出にくいのが特徴です。日本では、月経困難症あるいは子宮内膜症の治療のために処方されています。

【まとめ】PMSの方が注意しておきたいこと

薬を飲むだけで手軽に感じますが、クリニックから処方される「お薬」です。生理をとめてもまたピルをやめればPMSがはじまってしまうこともあるのです。根本的に治すなら体質を変えていくこと。お薬を使わずに、安全性の高いサプリメントで体を健やかに変えていく方法もあります。方法は選べるのでよく考えて決めてくださいね。

体への負担や影響が少なく、科学的実証結果もあるサプリはこれ

PMS緩和に摂取したい栄養成分