これを摂る、これは控える PMSを緩和したい人の摂取ナビ

PMSを緩和したい人の摂取ナビ » 日常生活の中でPMSを緩和させる方法を知ろう » ツボ

ツボ

ツボを刺激してPMSを改善!

生理前になると心身共にさまざまな不調を起こす「PMS(月経前症候群)」。
その原因は科学的に明らかになっていない部分が大きいのですが、PMSに悩む女性はさまざまな改善方法を試し、少しでも症状を緩和させたいと努力しています。

PMSを緩和する方法のひとつとして注目したいのが「ツボ」です。
ツボとは東洋医学で「経穴」と呼ばれる経路学の考え方のことで、ツボを刺激することでさまざまな不調を改善できるとされている部分のことです。
ツボは頭から足裏まで全身に存在し、それぞれの症状に合わせたツボを刺激することで、不調が緩和するといわれています。

PMSの症状を改善させるツボがあります。

ツボに鍼を施すことで不調の改善を目指す「鍼灸治療」でも、治療することでPMSの症状を緩和させることができるとして、研究結果も出ているほど。

参考:(PDF)月経前症候群の精神症状に対する鍼灸治療効果の比較試験[PDF]

そこでこちらでは、PMSに効果のあるツボや、その刺激方法についてご紹介します。

PMSに効果のあるツボ

手心(しゅしん)

「手心」のツボは、手のひらの真ん中あたり、くぼんだ部分を指します。
鎮静効果があるため、刺激することでPMSによる頭痛や腹痛などの症状を緩和する効果が期待できます。
反対の手の親指で、それぞれの手心を痛気持ちいいくらい刺激してみましょう。

労宮(ろうきゅう)

「労宮」は、先にご紹介した「手心」よりも少し上の指先側、中指と薬指の間にあるツボです。
労宮にはストレスや疲労によるダメージを緩和させる効果が期待できます。
それぞれの労宮を、逆の手の親指や、人差し指の第二関節を使って刺激します。

百会(ひゃくえ)

東洋医学やツボに詳しくなくても、「百会」は知っているという人は多いようですね。
百会は頭頂部の真ん中にあるツボで、真ん中を確認する際には体の中心と両耳をつなげてクロスした部分だと考えるとわかりやすいと思います。
百会にはさまざまな効果があるといわれていますが、PMSにおいては頭痛などの痛みを和らげる鎮静効果や、めまい、眠りの質が下がった状態を改善する効果が期待できます。
百会を刺激する際は、それぞれの耳の前あたりに親指をセットし、手で頭を包み込むようにした状態で、中指で刺激します。

三陰交(さんいんこう)

「三陰交」は、ストレスや冷え、生理痛などに効果があるとされるツボです。
PMSから冷えが悪化する、ストレスを強く自覚するという人は多いので、刺激することで症状の改善が期待できるかもしれません。
三陰交は、足の内側、くるぶしから指4本分ほど上のところにある骨の後ろ側のツボです。
骨の後ろ側に少しくぼんだところがありますので、そちらを親指で刺激します。

ツボを刺激するときのポイント

ツボを刺激する際のポイントは、ゆっくりと力を入れて刺激し、指を離すときもゆっくり離すなど、とにかくゆっくりと刺激することです。
また、ツボによっては痛みを感じる部分もありますが、「痛気持ちいい」と感じるくらいの圧力で刺激してください。
痛みをこらえて強く刺激したからといって、症状がより改善されるというわけではありません。
苦痛に感じてしまうとツボの刺激がストレスになって、PMSを悪化させてしまう恐れがありますので、あくまで無理のない程度に行いましょう。

ここでご紹介したツボは、自分で手軽に刺激できるツボばかりです。
仕事の合間や入浴中、就寝前など、気づいたときに刺激することで、気づけば少しPMSの症状が和らいでいる、と感じることができるかもしれません。
生理前だけでなく、日頃から意識的に刺激することで、PMSのほか月経不順など女性特有の悩みが改善される可能性がありますので、ぜひ試してみてください。

「サプリメント」を活用するのもひとつの方法

ツボを刺激することで目に見えるPMSの改善があったという人もいれば、期待したほどの効果を感じられなかったという人もいるようです。
もし、ツボの刺激では効果が見られなかったということであれば、サプリメントを活用するのもひとつの方法です。
PMSの改善を目的としたサプリメントは、メンタル面の症状を改善できるものと、身体的な症状を改善できるもので分かれているものもありますし、原因に応じてそれに特化した成分を配合することで、効率的な症状の改善が期待できるものなど、さまざまな種類があります。
自分に合ったサプリメントを活用することでより高い効果が期待できますので、いろいろな製品をチェックしてみるとよいでしょう。

体への負担や影響が少なく、科学的実証結果もあるサプリはこれ

PMS緩和に摂取したい栄養成分