これを摂る、これは控える PMSを緩和したい人の摂取ナビ

PMSを緩和したい人の摂取ナビ » 日常生活の中でPMSを緩和させる方法を知ろう » 飲酒

飲酒

PMSには日常生活のいろいろな要素が関係しているといわれていますが、飲酒においてもPMSに大きな関係があるといわれています。
ある調査では、飲酒習慣のある女子大生と飲酒習慣のない女子大生のPMS症状について比較した際に、飲酒習慣のある女子大生のほうがPMSの症状を訴える人が多かったのだそうです。
また、飲酒習慣のある人のほうがPMSの症状における重症度が高かったという調査結果も出ているため、過度な飲酒は控えたほうがよいとされています。

参考:(PDF)女子大学生の飲酒習慣と月 経前症候群の関係[PDF]

PMSと飲酒の関係

飲酒がPMSに与える影響

PMSの症状として、腹痛やむくみ、過食、腰痛などが挙げられますが、アルコールを摂取する際は主に冷たいものが中心となります。
体が冷えると腰痛や腹痛が悪化するため、PMSの症状も強くなりますし、飲酒自体むくみやすくなりますので、PMSでむくみに悩んでいる人は、さらにむくみがひどくなってしまうのです。
また、生理前に食欲のコントロールができなくなる、過食気味になってしまう人は、飲酒によってさらに自制心がきかなくなり、過食に拍車がかかってしまう場合もあります。

生理前の飲酒は悪酔いしやすい

一説によると、生理前は女性ホルモンが不安定になり、女性ホルモンは肝臓のアルコール分解に影響があるため、生理前は二日酔いや悪酔いをしやすくなるのだそうです。
そもそも、男女のアルコール分解度を比較すると、女性のほうがアルコール分解機能が低いといわれていますので、さらに生理前はその機能が低下してしまうのですね。
生理前に二日酔いになりやすい、飲酒後の吐き気が起こるという人は、生理前のアルコール摂取は控えたほうがよいかもしれません。

アルコールによってさらに精神面を左右されてしまう

アルコールを摂取すると、誰もが楽しいことをより楽しく感じたり、怒りの感情も強く感じたりします。
これはアルコールを摂取する際の楽しみともいえますが、生理前はさらにアルコールによって感情の振り幅が大きくなってしまうため注意が必要です。

PMSの症状として、イライラしやすかったり、情緒不安定になるといったものが挙げられますが、生理前の飲酒はこれらの精神状態がより強くなってしまい、同席している人に大きな迷惑をかけてしまわないとも限りません。
1人で飲酒していれば、精神状態が悪くなって死んでしまいたい気持ちにかられる人もいるようですので、そうなるととても危険です。

生理前の飲酒を常習化させない

一方で、生理前の憂鬱さを解消するためにアルコールに頼るという人もいます。
飲酒することで気持ちがおおらかになり、PMSによるイライラや落ち込むといった症状が緩和されるのだそうです。
しかし、いくらPMSの症状を抑えるためとはいえ、毎月生理前に飲酒をしているとそれが習慣となり、アルコール依存症につながってしまう可能性があります。

アルコールの怖いところは、習慣的に飲酒していると量が増えていくという点です。
最初は缶ビール1本だったのが、気づけば2本、3本と、いつの間にか大量のアルコール摂取が習慣化してしまっているということにもなりかねないのです。
現在、PMSを緩和するためにアルコールに頼ってしまっているという人は、できるだけ別の方法で気分転換するよう切り替えを行いましょう。

禁酒がストレスになってしまうときは?

飲酒が習慣化してしまうと、禁酒することが大きなストレスとなってしまう場合も少なくありません。
それでなくてもPMSは精神状態が悪くなってしまいますので、ストレスがかかるとさらにイライラも強くなってしまうでしょう。

禁酒することでさらにイライラしてしまうということであれば、適量の飲酒で気持ちを明るくするのもひとつの方法です。
ストレスはPMS以外にも体に大きな悪影響を及ぼしますので、適量を守ってお酒を楽しむのであれば大きな問題にはならないと思われます。

アルコールの適量は、赤ワインであればグラス2杯、ビールは大瓶1本程度だといわれています。
生理前はアルコール分解機能が低下しますので、これらよりも少ない量でアルコールを楽しむように心がけましょう。

まとめ

生理前の飲酒は、PMSの症状を悪化させるだけでなく、肝機能の低下にも関係することがわかりました。
ただし、適量であれば血行をよくし、リラックス効果を得ることも可能ですので、自分でしっかりと量を決めてお酒を楽しむことが理想です。
アルコールを摂取すると体が脱水状態になりやすいので、こまめにお水での水分補給を行うことも忘れずに。

サプリメントでPMSの症状を緩和できることも

PMSには、女性ホルモンが大きく影響しているといわれていますし、アルコールの分解にも女性ホルモンが関係しています。
女性ホルモンを活性化させるには、適度な運動や食生活の改善などが効果的だといわれていますが、女性ホルモンの働きを促すサプリメントを摂取するというのもひとつの方法です。
PMSの改善に効果があるサプリメントにはいろいろな種類がありますので、自分に必要な成分が含まれたサプリメントを選び、上手に活用してみましょう。

体への負担や影響が少なく、科学的実証結果もあるサプリはこれ

PMS緩和に摂取したい栄養成分