これを摂る、これは控える PMSを緩和したい人の摂取ナビ

PMSを緩和したい人の摂取ナビ » PMSの傾向・症状とその対策 » 身体的 » 吐き気

吐き気

ここでは、PMSによる吐き気について説明しています。

なぜPMSで吐き気がおきるの?

生理前になると、なぜか吐き気を覚えてしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。なぜ生理が近くなると吐き気がするのか、そのメカニズムを詳しく見ていきましょう。

プロスタグランジンの増加

生理前から生理中にかけて、体内で急激に増える「プロスタグランジン」という物質が吐き気の原因です。プロスタグランジンは陣痛の時にも分泌され、子宮の収縮をうながして不要な経血や粘膜を排出しやすくする働きを持っています。プロスタグランジンが増加すると子宮の収縮が強くなりますが、子宮だけでなく胃腸の働きにも影響を及ぼしてしまうため、増えすぎると下痢や吐き気を引き起こすのです。

自律神経の乱れ

ホルモンバランスと自律神経は、脳の視床下部という同じ部位でコントロールされています。ホルモンバランスが乱れれば自律神経が乱れ、自律神経が乱れればホルモンバランスが乱れてしまいます。生理前から生理中にかけてホルモンバランスが乱れると自律神経もそれに影響されてしまい、精神的に憂うつになりやすく、心因性の吐き気を感じてしまう方もいらっしゃいます。

体の冷え

プロスタグランジンを過剰に分泌させないためには、体を温めると良いでしょう。体を冷やすと血行が悪くなり、子宮を収縮させる力が弱まってしまうからです。そうなると体はプロスタグランジンを多く分泌して子宮をより強く収縮させようとします。体を温めて血行を良くすると無理に子宮を収縮させなくても経血を排出できるのでプロスタグランジンの量が減り、吐き気が和らぐ可能性があります。

吐き気の症状緩和におすすめの栄養成分

プロスタグランジンを過剰に作らせないために、緊張を抑えプロスタグランジンの分泌を抑える作用を持つ食材を摂ることも効果的です。

マグネシウム

プロスタグランジンの増殖を抑え、子宮の収縮をゆるめる成分としては、マグネシウムが挙げられます。アーモンドや大豆に多く含まれているので、積極的に摂ると良いでしょう。ただし、腎機能が低下している場合にはマグネシウムを体に蓄積しすぎてしまい、副作用を引き起こす可能性があるので、一度は自分の腎機能について検査をすることをおすすめします。

特にマグネシウムが不足すると、PMS時の吐き気が強く出てしまう可能性があります。アーモンドや大豆からも摂取できますが、効率よく摂取するのであればサプリメントを検討しても良いでしょう。摂りすぎると副作用が出てしまうので、用法・用量を守って摂取してくださいね。

「マグネシウム」を効率的に補えるサプリはコレ!

PMS緩和に摂取したい栄養成分