これを摂る、これは控える PMSを緩和したい人の摂取ナビ

PMSを緩和したい人の摂取ナビ » PMSの傾向・症状とその対策 » 身体的 » のぼせる・ほてる

のぼせる・ほてる

ここでは、PMSによる「のぼせ」や「ほてり」の症状について説明しています。

なぜPMSでのぼせたりほてったりするの?

生理前になると、暑くもないのに体がのぼせたり、ほてったりする…もしかして、何かの病気かも?そう不安になることもあるのではないでしょうか。

もしも生理前だけのぼせたりほてったりするのであれば、それはPMS(月経前症候群)の症状である可能性があります。生理前にのぼせ・ほてりが出てしまうのはどうしてなのでしょうか。

プロゲステロンの増加

血管が膨張したままの状態になり、血液循環が異常をきたした状態になると、顔がカーッと熱くなります。PMS時にはプロゲステロンが増加して体温が高くなり、血管が拡張するためにのぼせ・ほてりが現れるのです。

のぼせやほてりが現れるのは、体全体の熱がアンバランスな状態にあるから。ほてりを解消する基本は「頭寒足熱」です。頭を気持ちいい程度に冷やして、下半身は逆に温めてあげましょう。

血行が悪い状態

のぼせ・ほてりがあると血行が良くなりすぎていると思われがちですが、実は、血の巡りが悪い方ほど体がほてりやすいと言われています。血の巡りが悪くなっているからこそ、温暖差への変化に対応しきれずに、顔だけがのぼせてしまうのです。

そのため、暑いからと体を冷やしてしまうのはNG。上半身がほてっていても、寒気がする、あるいは下半身が冷えていると、「手足は冷えても頭部だけは守らなくては」という本能が働いて、冷えのぼせの症状が起こります。そんな時には冷やすのではなく、下半身や足先をじっくり温めてあげましょう。

自律神経の乱れ

人前に立つときに、カーッと血がのぼって顔がほてってしまう、という経験はないでしょうか。緊張やストレスに晒されていても、一時的にのぼせ・ほてりの症状が出てしまうものです。

自律神経はホルモンバランスと深くかかわっています。プロゲステロンの増加といった女性ホルモンの変化に伴って自律神経が乱れ、血管が拡張されて突然のほてりやのぼせに襲われることがあります。

のぼせ・ほてり解消のために摂取したい栄養成分

のぼせや顔のほてりを改善する栄養成分もあります。生理前に乱れた女性ホルモンや自律神経を整えてあげるために、不足している栄養成分を補ってあげましょう。

おすすめ栄養成分 「酵素」

酵素にはさまざまな種類があり、自律神経を整えてくれたり血行を良くしてくれたりします。果物や野菜に多く含まれていますが、熱に弱いのでできるだけ調理はひかえ、サラダや生のままで食べるのがおすすめです。発酵食品や漬物にも酵素は豊富に含まれています。

酵素は体内で常に消費されていくため不足しがちです。食べ物やサプリメントでこまめに補うことでほてりの原因となる自律神経の乱れや体の冷えを解消し、つらいPMSを元気に乗り越える力をもらうことができるでしょう。

酵素は熱に弱いので、食品から摂るのはなかなか難しいものです。発酵食品や漬物にも酵素は豊富に含まれていますが、毎日摂り続けるのは大変。

普段の生活で摂取しにくい酵素を簡単に摂れるよう様々なサプリメントがつくられているので、酵素を効率よく摂取するならサプリメントを摂取すると良いかもしれませんね。

「酵素」を効率的に補えるサプリはコレ!

PMS緩和に摂取したい栄養成分