これを摂る、これは控える PMSを緩和したい人の摂取ナビ

PMSを緩和したい人の摂取ナビ » PMSの傾向・症状とその対策 » 身体的 » 肌があれる・ニキビ・発疹

肌があれる・ニキビ・発疹

鏡 女性

ここでは、PMSによる肌荒れやニキビ、発疹について説明しています。

なぜPMSでお肌の調子が変わってしまうの?

生理前になるとお肌のコンディションが悪くなることないですか?実はこれもPMSによるもの。生理前の不調で女性が感じやすいのが肌のトラブル。見た目にもわかってしまう身近な問題であるだけに、深刻な悩みとなっています。
人によって、肌がカサカサ、化粧ノリが悪くなるといったお肌全体のトラブルから、ニキビや吹き出物ができるという方まで様々です。どちらも、黄体ホルモンが影響しています。

生理サイクルでは、生理後から排卵日までは肌がとても良い調子。排卵してから、黄体ホルモンが分泌する残りの2週間ほどがお肌のコンディションが悪くなる時期に入ります。妊娠を維持するために大切なホルモンなのですが、お肌にとっては良くない作用があります。それは、皮脂の分泌を増やすため、ニキビができやすくなる。角質層を厚くするため、お肌全体の調子が悪くなる。メラニンの生成が多くなり、シミができやすくなる。そういった要因があるために、トラブルが起きやすい状態になります。

PMSによって表れる症状はさまざまですが、肌荒れに特化せず、肩こりやイライラ、不眠などの症状において考えた場合、黄体ホルモンを補給する目的として「hCG」という成分を投与したところ、PMSの症状が緩和されたという人もいます。
黄体ホルモンがPMSに影響していることは間違いなさそうですね。

ニキビの種類

ニキビというと、炎症で赤くふくれた状態を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、炎症を起こすことがニキビの条件ではありません。白いポツポツやイチゴ鼻の原因もニキビによるものなのです。 こちらでは、意外と知らないニキビの種類についてご紹介します。

白ニキビ

白ニキビは、毛穴に皮脂や角栓が詰まったもの。眉間やTゾーンに白くポツポツとできるのが特徴です。間違えると炎症を起こしたり黒ずんだりするので、正しくケアすることが大切です。

黒ニキビ

鼻筋や小鼻にできる黒いブツブツは黒ニキビです。皮脂や角栓が毛穴に詰まると白ニキビになりますが、白ニキビを放置すると酸化して黒く変色し、黒ニキビとなってしまうのです。黒ニキビを放置すると炎症を起こしたり、大きくなって毛穴が開いたりして、ますますニキビが目立ってしまいます。鼻のあたりにできた黒ニキビはイチゴ鼻の原因。イチゴ鼻になる前にしっかりとケアしましょう。

微小面皰(びしょうめんぽう)

微笑面皰というと難しく聞こえますが、毛穴に角栓が詰まった状態のこと。この角栓をエサにアクネ菌が繁殖してニキビになります。小さな毛穴の中で起きていることなので、肉眼では分かりません。しかし、微笑面皰の状態でケアをすることで、ニキビを事前に防ぐことができます。

お肌を守るために摂取したい栄養成分

若い 女性

生理前のお肌はいつもよりデリケートになっています。だからこそ、普段から栄養成分を補ってお肌に良い状態を維持していくことが大切となってきます。お肌に良い成分をふたつご紹介しますね。

おすすめ栄養成分「ビタミン」

生理前だけでなく、継続的に飲みたいのが肌に良いビタミンです。B2は、皮膚や粘膜に作用。毛細血管を拡張させるビタミンEはお肌の細胞を活性化。PMSの影響にまけない肌へと導いていきます。

ビタミンは、肌だけでなく、健康な体を維持するために欠かせない栄養素です。
ビタミンCやE、Bなどさまざまなビタミンがありますが、それぞれが体づくりのために役立っています。
スキンケアにおいてもビタミンは大きく関わっており、化粧品でも各種ビタミンを配合した製品がたくさん販売されています。

参考:(PDF)ビタミンの商業化の歴史に学ぶ〜マ ケットから見たビタミン普及の歴史〜[PDF]

「ビタミン」の働きについて詳しくみる

おすすめ栄養成分「アミノ酸・タンパク質」

生理前に肌が荒れてしまうなら、肌本来の修復する力を与えてあげること。肌を作っている材料となるのは、タンパク質です。だからこそ、質の良いアミノ酸やタンパク質を補って肌代謝を上げてあげると良いのです。

アミノ酸

アミノ酸はタンパク質の構成物質のひとつで、こちらも人間の体作りに欠かせない成分です。
髪や爪、皮膚など体を作る上で欠かせない成分であると共に、健康な体を維持するために欠かせません。

タンパク質

筋肉を作る、細胞の代謝を行なうといった上で必要となるのが「タンパク質」です。
各種アミノ酸の総称ともいえますが、肌のターンオーバーを促す上でも必要な栄養素となります。

参考:(PDF)人間ドックのスレス検診における血中アミノ酸測定の有用性について[PDF]

「アミノ酸・タンパク質」の働きについて詳しくみる

「ビタミン」や「アミノ酸・タンパク質」は何で摂るの?

ビタミンBやアミノ酸・タンパク質は、例えば、鶏レバーやウナギ、にんにく、納豆という食材からも摂取できますが、効率よく摂取したいならやはりサプリメントが近道でしょう。良いサプリメントはこのサイトでも紹介しています。

体への負担や影響が少なく、科学的実証結果もあるサプリはこれ

おすすめの食事法

肌荒れやニキビの予防・対策のためには、皮膚や粘膜の健康維持を助けるビタミンB2や、肌細胞を作り出す主原料となるタンパク質やアミノ酸が必要です。タンパク質やアミノ酸豊富な食材としては、魚、肉、卵、乳製品、大豆などが挙げられ、その中でも青魚・豚肉・大豆はビタミンB2が豊富です。

そしてさらに大豆は、女性ホルモンのエストロゲン的な作用を持つ大豆イソフラボンも豊富なので、特におすすめです。ビタミンと言えば、ビタミンB2だけでなく、ホルモンバランスの調整に働きかけてくれるビタミンEも摂っておきたいところ。

いわしやうなぎ、アーモンド、ピーナッツ、ヘーゼルナッツなどに豊富に含まれています。「アーモンドなどのナッツ類をおやつに食べて、ビタミンE摂取を心がける」というのがおすすめですよ。

また、PMSの時期は黄体ホルモンの増加による影響で便秘になりやすく、その便秘が肌荒れやニキビを起こしやすくするという要素もあります。ですから便秘対策としての食材も意識的に取り入れた方がいいですね。

乳酸菌豊富なヨーグルトや発酵食品、腸内で善玉菌の餌となり、善玉菌の増加に役立ってくれるオリゴ糖豊富な豆類、ネギ類、アスパラガス、バナナなどがおすすめです。また、便秘対策のために食物繊維も役立ちますが、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維のバランスを考えることも大切。

不溶性食物繊維が豊富な豆類やごぼう、ブロッコリー、里芋、さつまいも、そして水溶性食物繊維が豊富な海藻類やきのこ類、りんご、かんきつ類など、両方をバランスよく摂取することも心がけたいものです。

あと、皮脂の分泌量が多くなるので、高脂肪・高カロリーの食事は控えましょう。また糖分(炭水化物)についても、その代謝のためにビタミンBが多く消費されるので肌には良くありませんので、こちらも控えめにするべきです。つまり、3大栄養素である炭水化物、脂質、タンパク質のうち、PMSの時期に積極的に摂るべきはタンパク質のみで、あとの2つは少し控えめを意識する必要がある、ということです。

肌あれやニキビのセルフケア

洗顔クリーム

肌あれやニキビができてしまったときは、いつも以上の敏感肌になっています。正しいセルフケアを行なって、少しでも早く肌あれやニキビを治してしまいましょう!

肌を清潔に保ちましょう

ニキビを治すためには、肌を清潔に保つのが第一条件です。コットンに消毒液や化粧液を浸して、ニキビに載せます。5~10分ほどだったら濡れた部分をティッシュで拭いましょう。

肌を清潔に保つ上で欠かせないのが洗顔です。
ただし、ニキビがある人はしっかり洗顔をしていないという認識をもつ人がいるようですが、それは医学的には正しくないとされています。
一説によると、洗顔によって皮脂を減らすことは可能だが、アクネ菌の数自体が減少するわけではないと考えられているようですので、この点はきちんと覚えておく必要があります。 とはいえ、洗顔は肌を清潔に保つことができると同時に、余分な皮脂を取り除いてニキビの悪化を防ぐ効果も期待できます。
やみくもにたくさん洗えばよいというわけではなく、ニキビを改善するための洗顔としては1日2回ほどが最適だとされています。
また、美肌のために洗顔料を使用しない洗顔が推奨されていますが、ニキビを緩和させるためには洗顔料を用いた洗顔が有効です。

参考:(PDF)ニキビの発症メカニズム,治療,予防[PDF]

軟膏やクリームを塗る

ニキビケアのために軟膏やクリームを塗って眠るという方もいるかもしれません。ですが、寝返りを打ったりうつ伏せになったりすると、クリームが摂れてしまって結局意味がなかった…ということも。そんなときには、絆創膏を使うのがおすすめ。

市販のオロナイン軟膏やアクネ菌ケアのクリームを塗った絆創膏を貼ると、うつぶせ時や自分の手に当たったことでクリームが取れてしまうということがありません。お肌が弱い方は、絆創膏をずっと貼っているとかえって荒れてしまう可能性があるので注意しましょう。

皮膚科で処方される軟膏やクリームとしては、「クリンダマイシンゲル」や「ナジフロキサシンクリーム」などが一般的です。
ただし、症状によって必要となるクリームが異なる可能性がありますので、独断で選んで使用するのではなく、使用の際は皮膚科医の診断を受け、処方されたものを使用するようにしましょう。

参考:(PDF)ニキビの発症メカニズム,治療,予防[PDF]

クレンジングの方法に注意!

ニキビケアで注意したいのが「クレンジング」です。クレンジングと洗顔を両方行なうと、肌に負担をかけてしまいニキビを悪化させてしまう可能性があります。ニキビがあるときはクレンジングを避けた方が良いですが、メイクを落とすときにクレンジングをしなければならないのであれば、短時間で済ませてしっかりとすすいでください。

ツボ刺激をしてみよう

肌荒れやニキビ対策に役立ちそうなツボを刺激してみる、というのもおすすめの手です。人体に数多くあるツボの中でも、特におすすめの2つのツボをご紹介します。

  • 曲池(きょくち)
  • ひじを曲げた時にできる横しわの、外側の端っこにあるツボです。ホルモンバランスや血流のサポートに役立つツボで、肌荒れやニキビはまさにこの曲池の適応症状に含まれます。親指の腹でやや強めに押す刺激を繰り返しましょう。

  • 大巨(たいこ)
  • おへそから左右にそれぞれ指2本分外側、そこからさらに指3本分下側に行ったところにあるツボです。こちらは便秘対策のツボとして知られているので「PMS時期の便秘によって肌荒れやニキビができやすくなっている」という人におすすめです。人差し指から薬指を使って、ゆっくりとグッと押してみましょう。

    また、おへその左側に限りますが、大巨から斜め左上に指2本弱ほど移動したところに、通便(つうべん)という便秘対策ツボもありますので、こちらもついでに刺激しておくといいでしょう。

睡眠をしっかりととろう

「肌細胞の代謝に必要なビタミンB豊富な食品を多く摂る」など、食生活で工夫をしても、その栄養を生かして細胞のターンオーバーが積極的になされるのは、睡眠中の時間帯です。

睡眠不足になってしまうと、いくらいい栄養をとっていても、それをしっかりとターンオーバーに回すことができなくなってしまいます。

PMSの時期は、いくら遅くとも0時には就寝するようにしましょう。可能であれば、22時ぐらいまでの就寝ができればより理想的です。

寒い日は電気毛布やあんか、エアコンなどで事前に寝具や寝室を適度に温めておきましょう。安眠、快眠のためには、寝具や寝室で手足などを冷やしてしまわないことが大切ですよ。

PMS緩和に摂取したい栄養成分