これを摂る、これは控える PMSを緩和したい人の摂取ナビ

PMSを緩和したい人の摂取ナビ » PMSの傾向・症状とその対策 » 身体的 » 眠気

眠気

ここでは、PMSによる眠気について説明しています。

なぜPMSで眠気がおきるの?

生理前や生理中になると、なぜか猛烈な眠気に襲われる、なんてことはありませんか?授業中や仕事中に限らず、眠ってはいけないときにもついうとうとしてしまうのは、もしかするとPMSの症状かもしれません。

黄体ホルモンの催眠作用

強い眠気を感じるのは、黄体ホルモン「プロゲステロン」が原因です。

いつもはエストロゲンという卵胞ホルモンが分泌されていますが、生理前はプロゲステロンという黄体ホルモンが増えます。このプロゲステロンが分解されると、睡眠薬に使われる薬剤に匹敵するほど強い催眠効果を発揮するため、強い眠気を感じる方もいるようです。

体温の変化がない

黄体ホルモン「プロゲステロン」の影響で、生理前は常に体温が高い状態になり、生理中は常に体温が下がった状態になります。

眠気を感じるのは体温が高い状態から低い状態に移行するときなので、常に一定の体温が保たれていると夜になかなか眠りにつくことができなくなってしまいます。夜に寝付けない反動で、日中に眠気を感じてしまうのです。

貧血

生理中は子宮内膜を排出するために、体内の血液が送られます。そのため、生理中は貧血を起こしやすい状態。貧血になると血圧が低下し、眠気を引き起こす原因となります。

鎮痛剤の成分

生理中のつらい痛みを和らげるために、鎮痛剤を飲んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、鎮痛剤の副作用で眠くなってしまうことがあります。鎮痛剤には脳の興奮を抑える鎮静作用が含まれているものがあるからです。例えば、アリルイソプロピルアセチル尿素やブロモバレリル尿素が配合されている鎮痛剤を飲むと、強い眠気を感じます。

PMSによる眠気の原因や解決法

PMSによってひどい眠気に悩まされているという人はとても多く、女子大生や産後の女性など、年齢を問わずに我慢できないくらいの眠気に襲われているようです。
眠気をはじめ、PMSの症状とその原因については医学的に解決できる段階ではないようですが、現在も研究が進められています。

参考:(PDF)月経前に体調不良を訴える女性への対応−月経前症候群の病態について−[PDF]

一説には、PMSによる眠気はホルモンバランスの乱れが原因だといわれています。
生理が近づくと、女性ホルモンのひとつ「プロゲステロン」の分泌が盛んになります。
通常、人間の体は夜になると体温が下がり(体の奥の部分の体温)、それによって眠りを誘い、睡眠に促されるのですが、プロゲステロンの分泌が盛んになっている時期は体温がずっと一定なので、眠りの質が下がってしまうのだそうです。
夜の睡眠が浅くなることで、日中に眠気が出てしまうために生理前に日中の眠気が強くなる女性が多いのだとか。
また、ほかの説によると、プロゲステロンそのものが眠気を誘発する作用があるために、PMSによって眠気が強くなるという考え方もあるようです。

PMSによる眠気を緩和するには、普段以上に生活リズムを整えて夜しっかり眠れるように対処する、スマホなどブルーライトを受けることを控え、入眠しやすい状態を作るなどの対処が有効だといわれています。
また、寝具を整える、眠れないからといって寝酒に頼らないようにするということも重要です。
普段はあまり睡眠に気を使っていないという人も、PMSが起こる時期だけでも睡眠環境に気を使うことで、眠気を抑えることができるようになります。
本格的にPMSの症状を緩和させたいという人は、低用量ピルを服用して黄体ホルモンが過剰に分泌することを抑えているようです。

眠気に打ち勝つために摂取したい栄養成分

昼間の猛烈な眠気に打ち勝つために、ぜひ摂取したい成分をまとめています。

眠気を覚ます、というとカフェインを思い浮かべるかもしれませんが、カフェインは取りすぎると血行が悪くなり、PMSの症状が悪化することも。カフェインレスで身体にも優しいハーブを取り入れることをおすすめします。

おすすめ栄養成分 「ハーブ」

昼間に眠気を覚ますなら、リフレッシュ効果のあるレモングラスやペパーミントなど、さわやかなハーブがおすすめ。睡眠の質を良くするなら、ラベンダーやカモマイルなどリラックス効果のあるハーブがおすすめです。

ハーブティーを飲むのも良いですが、ハーブ同士でも飲み合わせに気を付けなければならないものがあります。最初からブレンドしてある製品やサプリメントにも、ハーブを配合しているものがあります。このサイトではPMSに効果のあるハーブの効用やメリット・デメリットについても詳しく紹介していますので、知りたい方はぜひ読んでみてくださいね。

「ハーブ」を効率よく摂取できるサプリはコレ!

おすすめ栄養成分 「トリプトファン」

トリプトファンは眠りをよくするために欠かせない「セロトニン」の原料となる栄誉成分です。
PMSの原因が、ホルモンバランスの乱れによって夜の睡眠が妨げられているためであれば、夜の睡眠を質の高いものにすることで、日中の眠気を抑えられる可能性があります。 トリプトファンは、バナナやナッツに多く含まれるほか、チーズなどの乳製品にも多く含まれています。
バナナはほかの栄養や、ダイエットの観点からも優秀な食材だといわれていますので、朝食にバナナを食べるというのもおすすめです。
バナナであれば、調理の必要がなく、剥くだけですぐ食べられるので手軽ですよね。
日頃からこれらの食材を積極的に摂取することで、PMSによる眠気を解消できるかもしれませんので、ぜひ試してみてください。

PMS緩和に摂取したい栄養成分